画像ノイズ

夜の写真の画像ノイズとは

夜景を撮る予定がある場合は、画像のノイズを考慮する必要があります。 画像ノイズの原因とその修正方法は? 複数のソリューションを使用して、夜景の写真ノイズを除去する方法の詳細を学ぶことができます。 見事な夜の写真を撮るために、それに応じて写真のノイズを修正するためのヒントを使用できます。

物事は常に起こる可能性があります、あなたは画像全体に小さな点がある夜の画像を取得します。 デジタルカメラや携帯電話のカメラで写真を撮ると、カメラの見栄えが良くなることがあります。 iPhoneからコンピュータに写真をインポートしたり、ズームインして画像を表示したり、PCで最大で画像を表示したりすると、小さな点がかなり目立つようになります。

画像ノイズ


パート1:デジタル写真の画像ノイズとは

デジタル写真では、音に関するノイズという言葉は、視覚的な歪みを表すために一般的に使用されます。 デジタルカメラで撮影した写真の画像ノイズは、写真全体に散在するランダムなピクセルです。 あなたがどんなにプロのデジタル一眼レフカメラを持っていても、ある程度、写真のデジタルノイズは常に存在します。 デジタルフォトノイズは、写真の明るさや色の情報の変化を示します。 写真のノイズを考慮して、 写真の品質、デジタルノイズは通常望ましくないと見なされます。 写真のノイズを回避および低減するには、画像ノイズの原因となる理由を詳しく調べる必要があります。

ダークノイズ


パート2:画像ノイズの原因

今日、デジタル画像のノイズはデジタルカメラで一般的な問題になっています。 画像ノイズは、カメラの電子センサーまたはカメラセンサーの高感度、あるいはその両方から発生します。 すべてのデジタルカメラに搭載されているカメラ電子センサーは、非常に小さなバケツを介して軽い粒子を収集するように設計されています。 フォトサイトと呼ばれるこれらのバケットは、最終的にデジタル画像のピクセルになります。 つまり、フォトサイトが小さいほど、画像のノイズが大きくなります。

客観的には、カメラの電子センサーは他の電子センサーと同じように完璧ではなく、ノイズ(ホワイトノイズとも呼ばれます)が含まれています。 ほとんどの照明では、光はノイズよりもかなり強いですが、シーンによってはまったく異なる場合があります。

光が極端に少ないシーンや高い増幅が必要なシーンで写真を撮影すると、画像のノイズレベルが大きくなる可能性があります。 これにより、実際の写真の光データよりも多くのノイズデータを含むデジタル写真のピクセルが実際に発生します。 そのため、夜空の写真や屋内の暗いシーンを撮影すると、写真のノイズが頻繁に発生します。

さらに、デジタル写真の高感度は、増幅をもたらすメカニズムによって実装されます。 カメラの電子センサーは、それが行う測定値を増幅します。 基本的に、カメラのセンサーピクセルに当たる実際の写真の光を増幅すると、ノイズと実際の写真の光の両方が増幅されます。 その結果、カメラセンサーが敏感になるだけでなく、ノイズも自動的に増加します。 簡単に言うと、増幅が多すぎて一部のピクセルがノイズとして表される場合です。

カメラセンサ


パート3:画像ノイズを回避する方法

画像ノイズ 写真撮影では迷惑です。 幸い、正しい方法を試してみれば、画像ノイズを回避して除去することができます。 デジタル写真を撮ったり、フォトプリンターで見事な写真を直接印刷したりするには、カメラのノイズを低減する方法を知る必要があります。

良いカメラを選ぶ。 写真のノイズを除去するのに苦労している場合、画像のノイズを最小限に抑える最も便利な方法は、高度なカメラ機器を購入することです。 たとえば、より少ないノイズでより多くの光を集めるように開発されたセンサーを含む、新しいデジタルカメラを選びます。 そして、より大きな電子センサーを備えたカメラを選択してください。 一般に、大きなセンサーと比較すると、ピクセル数が多い小さなセンサーはノイズの多いイメージャーを生成します。

ニコンD7100

カメラの露出を手動モードに切り替えます。 その間に設定を調整すると、画像ノイズが発生する可能性があります。 カメラセンサーのサイズが写真のノイズレベルに影響を与えることを除いて、カメラの感度レベル(ISOとも呼ばれます)は、前述のように画像ノイズを引き起こします。 ISOが高いほど、カメラセンサーが利用可能な光に対してより敏感になり、画像にノイズが発生する可能性が高くなります。

アパーチャ

カメラのノイズリダクション設定をオンにします。 一部のカメラには、という名前の組み込みエフェクトがあります ノイズ減少。 これは、デジタル写真、特に暗い場所で撮影された写真のノイズと戦うのに役立ちます。

ノイズリダクション設定

ただし、カメラにノイズリダクションオプションがない場合でも、他の便利な方法で写真のノイズを最小限に抑えることができます。 たとえば、画像をできるだけ明るくし、デジタルズームの使用を避け、カメラを涼しい場所に保管します。


パート4:後処理におけるノイズリダクション

後処理での画像ノイズの低減も不可欠です。 ノイズが多すぎる画像を既にお持ちの場合は、写真撮影での迷惑なノイズを取り除くことができます。 WidsMobノイズ除去。 以下のようにプログラムの機能を確認してください。

1.引っ越しスタッフの撮影、暗い場所での撮影、古い画像やポートレートの修正など。 思い通りの効果が簡単に得られます。

2. フィルムグレインを修正、JPEG圧縮アーティファクトおよびJPEGファイルおよびRAW形式のその他の欠陥。

3.ポートレート画像があっても、高度なアルゴリズムで肌や滑らかな顔を修正することができます。

4.卓越したディテールと卓越した情報を提供します 画質 バッチプロセスで独特の自然な外観を持ちます。

WinバージョンのダウンロードMac版のダウンロード

ステップ1:ノイズのある画像を追加する

「インポート」ボタンをクリックして、ノイズ画像をプログラムに追加します。 ポートレート画像の場合、プログラムはポートレートを検出して写真を優れた品質で美しくすることができます。

ステップ2:前/後をオンにする

効果をプレビューするために、「前/後」モードを選択できます。さまざまなパラメータ、クロミナンス、ルミナンス、シャープネスの画像ノイズ低減の効果を見つけることができます。

ダークノイズ

ステップ3:画像をコンピューターに保存する

出力に満足したら、「保存」ボタンをクリックして、ノイズ画像をコンピューター上できれいな画像に変えるか、ソーシャルメディアのWebサイトに出力を共有することができます。


結論

このチュートリアルを読んだ後は、画像のノイズを取り除き、高品質のデジタル画像を楽しむことができます。 確かに、写真のノイズは、ノイズ画像の品質が低いように見えるため、通常は歓迎されません。 しかし、ある程度、写真にノイズがあると、フィルムのような画像が作成されます。 ノイズ画像を最適化して、次のような特定のものに変える必要があります。 白黒フィルム写真を作る。 ノイズ画像は、適切なアプローチで処理する限り、独自の方法であなたの人生を示すことができます。


ピーター·ウッド
ピーター·ウッド
シニアエディターのPeterWoodは、写真のデザインと編集のソフトウェアとデバイスに焦点を当てています。
Blog