夜の写真の画像ノイズとは

最終更新日:16年2022月XNUMX日 by ピーター·ウッド


ナイトショットを撮る場合は、画像のノイズを考慮する必要があります。 何が原因 画像ノイズ? そしてそれを修正する方法は? 複数のソリューションを使用して、夜景の写真ノイズを除去する方法について詳しく知ることができます。 見事な夜の写真を撮影するには、ヒントを使用してそれに応じて写真のノイズを修正できます。

物事は常に起こるかもしれません。 画像全体に小さな点が付いた夜の画像が表示されます。 場合によっては、デジタルカメラや携帯電話のカメラで写真を撮ると、その写真がカメラで見栄えがすることがあります。 iPhoneからコンピュータに写真をインポートしたり、ズームインして画像を表示したり、PCで最大で画像を表示したりすると、小さな点がかなり目立つようになります。

画像ノイズとは

パート1:デジタル写真の画像ノイズとは

デジタル写真では、音に関するノイズという言葉は視覚的な歪みを表すことがあります。 デジタルカメラで撮影した写真の画像ノイズは、写真全体に散在するランダムなピクセルです。 ある程度、デジタル一眼レフカメラがどんなにプロフェッショナルであっても、写真のデジタルノイズは常に存在します。 デジタルフォトノイズは、画像の明るさや色の情報の変化を示します。 写真のノイズを考えると、 写真の品質、デジタルノイズは通常望ましくないと考えられています。 写真のノイズを回避および低減するには、画像ノイズの原因を調べる必要があります。

ダークノイズ

パート2:画像ノイズの原因

今日、デジタル画像のノイズはデジタルカメラの一般的な問題です。 画像ノイズは、カメラの電子センサーまたはカメラセンサーの高感度から発生します。 すべてのデジタルカメラに搭載されているカメラセンサーは、小さなバケツを介して軽い粒子を集めることができます。 これらのバケットはフォトサイトと呼ばれ、最終的にデジタル画像のピクセルになります。 つまり、フォトサイトが小さいほど、ノイズ画像が多くなります。

客観的には、カメラの電子センサーは他の電子センサーほど良くなく、ノイズ(ホワイトノイズとも呼ばれます)が含まれています。 ただし、ほとんどの照明では、光はノイズよりもかなりシャープです。 シーンによっては、状況が異なる場合があります。

光が少ないシーンや高い増幅が必要なシーンで写真を撮る場合、画像のノイズレベルが大きくなる可能性があります。 これにより、写真の光データよりも多くのノイズデータを含むデジタル写真のピクセルが生成されます。 そのため、室内で夜空の写真や暗いシーンを撮影すると、写真のノイズが頻繁に発生します。

また、増幅をもたらすメカニズムにより、デジタル写真の高感度を実現します。 カメラセンサーは、取得した測定値を増幅します。 カメラセンサーのピクセルに当たる実際の写真の光を増幅すると、ノイズと写真の光の両方が増幅されます。 その結果、カメラセンサーが敏感になるだけでなく、ノイズも自動的に増加します。 簡単に言えば、これほど多くの増幅を適用すると、一部のピクセルはノイズを表します。

カメラセンサ

パート3:画像ノイズを回避する方法

画像ノイズ 写真撮影では迷惑です。 幸い、正しい方法を試してみれば、画像ノイズを回避して取り除くことができます。 デジタル写真を撮ったり、フォトプリンターで見事な写真を直接印刷したりするには、カメラのノイズを減らす方法を知る必要があります。

良いカメラを選ぶ。 写真のノイズを除去するのに苦労している場合、画像ノイズを最小限に抑える最も便利な方法は、高度なカメラ機器を購入することです。 たとえば、センサーを含む新しいデジタルカメラを選択して、より少ないノイズでより多くの光を収集します。 そして、より大きな電子センサーを備えたカメラを選択してください。 大きなセンサーと比較して、小さなセンサーは非常にノイズの多い画像を生成します。

ニコンD7100

カメラの露出を手動モードに切り替えます。 設定を調整すると、画像ノイズが発生する場合があります。 写真のノイズレベルに影響を与えるカメラセンサーのサイズを除いて、カメラの感度レベル(別名 ISO)画像ノイズの原因になります。 ISOが高いほど、カメラセンサーは利用可能な光に対してより敏感になり、画像にノイズが発生する可能性が高くなります。

絞り値

カメラのノイズリダクション設定をオンにします。 一部のカメラには、という名前の組み込みエフェクトがあります ノイズ減少。 これは、デジタル写真、特に暗い場所で撮影された写真のノイズと戦うのに役立ちます。

ノイズリダクション設定

ただし、カメラにノイズリダクションオプションがない場合でも、他の便利な方法で写真のノイズを最小限に抑えることができます。 たとえば、画像をできるだけ明るくし、デジタルズームを避け、カメラを涼しい場所に保管しておくことができます。

パート4:後処理におけるノイズリダクション

後処理での画像ノイズの低減も不可欠です。 ノイズが多すぎる画像を既にお持ちの場合は、写真撮影での迷惑なノイズを取り除くことができます。 WidsMobレタッチャー。 以下のようにプログラムの機能を確認してください。

1.引っ越しスタッフの撮影、暗い場所での撮影、古い画像やポートレートの修正など。 思い通りの効果が簡単に得られます。

2. フィルムグレインを修正、JPEG圧縮アーティファクト、およびJPEGファイルのその他の欠陥 RAW形式.

3.ポートレート画像があっても、プログラムは肌を修正し、 滑らかな顔 高度なアルゴリズムを備えています。

4.卓越したディテールと卓越した情報を提供します 画質 バッチプロセスで独特の自然な外観を持ちます。

Winダウンロード Macダウンロード

ステップ1:ノイズのある画像を追加する

ストリーミングを停止する場合は上部の インポート ボタンをクリックして、ノイズ画像をプログラムに追加します。 ポートレート画像の場合、プログラムはポートレートを検出し、 写真を美しくする 良質で。

ステップ2:前/後をオンにする

効果をプレビューするには、 ビフォアーアフター モードを設定し、さまざまなパラメータ、クロミナンス、ルミナンス、および 鋭さ.

ダークノイズ

ステップ3:画像をコンピューターに保存する

出力に満足している場合は、 セールで節約 ボタンをクリックして、ノイズ画像をコンピュータ上できれいな画像に変換したり、出力画像をソーシャルメディアのWebサイトと共有したりできます。

Winダウンロード Macダウンロード

結論

このチュートリアルを読んだ後は、画像のノイズを取り除き、高品質のデジタル画像を楽しむことができます。 写真のノイズは、ノイズ画像の品質が低いように見えるため、通常は歓迎されません。 しかし、ある程度、写真にノイズがあると、フィルムのような画像が作成されます。 ノイズ画像を最適化し、それらを特定のものに変える必要があります。 白黒フィルム写真を作る。 ノイズ画像は、適切なアプローチで処理する限り、あなたの人生を独自に示すことができます。