パワーポイントでオーディオを録音する

プレゼンテーションから音声ナレーションを簡単に録音するためのガイドチュートリアル

あなたがする必要がある場合に PowerPointで音声を録音する、プレゼンテーションのナレーション、またはPowerPointのスライドの音声ナレーションのキャプチャなど、知っておくべき究極のガイドです。 ソーシャルメディアサイトを介してライブプレゼンテーションを共有できない場合は、オーディオを録音し、PowerPointにナレーションを簡単に追加できます。 記事からオーディオファイルを録音して追加するためのXNUMXつの最も効率的な方法について詳しく学んでください。

パワーポイントでオーディオを録音する


パート1:PowerPointの音声ナレーションを録音する方法

Office PowerPointは、世界中でプレゼンテーションを作成するための最も一般的な方法のXNUMXつです。 さらに、Microsoftは、WindowsとMacの両方でPowerPointの音声ナレーションをリリースしました。 しかし、デザインは複雑です。 その後、PowerPointのナレーション録音のガイドを共有できます。

PC用のPowerPointで音声ナレーションを録音する方法

ステップ1:Office PowerPointを開き、新しいプレゼンテーションを作成します。 ナレーションを追加するスライドを選択します。 に移動します インセット タブで、 オーディオ 内のオプション メディア セクションを開き、 オーディオを録音する オプション。 そうして 録音する ダイアログが表示されます。

プレゼンテーションPCを記録する

ステップ2:録音の名前を入力し、 記録 準備ができたらボタン。 PowerPointで音声ナレーションを録音する前に、マイクを設定して音量を調整する必要があります。 さらに、ナレーションを書き留めたほうがいいでしょう。

マイクの音声を調整する

ステップ3:PowerPointのナレーション録音が開始されると、青色 停止 ボタンがアクティブになります。 ナレーションが終了したら、停止ボタンを押します。 ナレーションを押すと、ナレーションを聞くことができます 遊びます ボタン。 音声に満足できない場合は、音声ナレーションを再録音できます。

ステップ4: OK ボタンをクリックして録音を確認します。 そうして オーディオ スライドにアイコンが表示されます。 アイコンにカーソルを合わせて音量を調整し、ナレーションを再生できます。 に移動します オーディオツール 上部のメニューバーのタブをクリックし、[再生]に移動します。

サウンドプレゼンテーションの勝利

ステップ5:横にあるチェックボックスを必ずオンにしてください ナレーションを再生する 習慣に応じて他のオプションをカスタマイズします。 上記の手順に従って、PowerPointの他のスライドに音声ナレーションを追加し、ファイルをPowerPointに共有する前にプレゼンテーションを保存します。

Mac用のPowerPointで音声ナレーションを録音する方法

ステップ1:プレゼンテーションが完了していることを確認し、目的のスライドに移動します。 に移動します インセット 上部のリボンのタブで、 オーディオ セクションを選択し、 オーディオを録音する トリガーする 録音する ダイアログ。

オーディオプレゼンテーションMacを挿入

ステップ2: 記録 PowerPoint for Macで音声ナレーションの録音を開始する準備ができたら、ボタンをクリックします。 録音を停止したい場合は、停止ボタンを押して、音声ナレーションを事前に聞いてください。

レコードサウンドマック

ステップ3:問題がなければ、名前を入力して[ インセット ボタン。 に切り替えます Playback タブをクリックし、ナレーションの再生を設定します。 たとえば、ナレーションを再生することにします 自動的に or クリックすると.

オーディオナレーションの再生

ステップ4:オーディオを再生するかどうかを決定できます 停止するまでループする or スライド全体で再生。 次に、PowerPointに音声ナレーションを追加した後、プレゼンテーションを保存できます。

ノート:PowerPointには、ナレーションの録音の長さに制限はありません。 再生速度が遅くなるか、音声ナレーションが長すぎる場合はプレゼンテーションが再生されます。

パート2:PowerPointでオーディオを録音するための多彩な方法

PowerPointで音声ナレーションを録音するための最良の代替手段は何ですか? プレゼンテーションに音声ナレーションを追加する組み込みのメソッドは、基本的な機能のみを提供します。 WidsMobキャプチャ は、ビデオのキャプチャ、オーディオの録音、スナップショットの作成を行うための用途の広い方法です。 さらに、オーディオ設定を微調整したり、目的のオーディオクリップをトリミングしたり、音楽ファイルを追加したりすることもできます。

1.シングルクリックでPowerPointの音声ナレーションを録音します。

2.ナレーションを録音しながらオーディオ品質を最適化します。

3.内蔵マイクと外部マイクの両方をサポートします。

4.音声ナレーションの録音を管理し、ソーシャルメディアに共有します。

Mac版のダウンロード

PowerPointで音声ナレーションを録音する方法

ステップ1:オーディオレコーダーをインストールする

コンピュータにインストールした後、PowerPoint用のオーディオナレーションレコーダーを起動します。 次に、 録画画面 メインインターフェイスを開くオプション。 また、に行くことができます 環境設定 ダイアログを開き、ホットキー、出力場所などのオプションをカスタマイズします。

スクリーンショットのキャプチャ

ステップ2:PowerPointの音声ナレーションを録音する

ストリーミングを停止する場合は上部の 記録エリア オプションを選択し、機能を無効にします。 オフにすることもできます ウェブカメラ 特徴。 を押します オーディオレコーダ オプションを選択し、内蔵または外部マイクを選択して、音量を調整します。 クリック REC ボタンをクリックして、PowerPointの音声ナレーションの録音を開始します。

固定領域キャプチャ

ステップ3:録音された音声ナレーションを聞く

オーディオレコーダーには制限がないので、好きなだけ録音できます。 ナレーションの録音が完了したら、をクリックします 停止 ボタンとオーディオレコーダーは自動的にハードドライブに保存されます。 オーディオ録音にすばやくアクセスするには、 メディアライブラリー ウィンドウとそれを聞いてください。

キャプチャをカスタマイズする

ステップ4:PowerPointに音声ナレーションを追加する

PowerPointでプレゼンテーションを開き、[ インセット タブをクリックします。 オーディオ メニューを選択し、Windowsの場合はPCのオーディオを、Macの場合はファイルからオーディオを選択します。 次に、ポップアップダイアログで音声ナレーションの録音を見つけ、[挿入]ボタンをクリックしてプレゼンテーションに追加します。

メディアライブラリキャプチャ

ノート:PowerPointは、WAV、MP3、およびMIDで保存されたオーディオファイルをサポートしています。 デフォルトでは、オーディオレコーダーはナレーションをM4A形式で保存するため、[設定]ダイアログでオーディオ形式を変更するか、ナレーションを変換する必要があります。

Mac版のダウンロード

結論

WindowsおよびMacOSXでPowerPointの音声ナレーションを録音する方法を理解する必要があります。聴衆がプレゼンテーションを表示するのは不便です。 したがって、スライドにナレーションを追加することをお勧めします。 PowerPointに組み込まれているオーディオ録音機能に加えて、WidsMob Captureは、PowerPointのシステムサウンドとマイク音声の両方を元の品質でキャプチャできます。


ブログ