カラーネガフィルム

見事なカラーネガフィルム写真を取得する方法

カラーネガフィルム写真は、結婚式やポートレートに広く使用されています。 でも作るのは難しい カラーネガフィルム写真 ネガとビンテージカメラで。 ユニークなフィルムエフェクトやフィルムグレインを探している場合は、実際のフィルムを使用する代わりに、フォトエディターのようなものをアナログに使用できます。

WidsMob FilmPackは、すべてを簡素化しました。これは、見事なアナログメーカーです。 ワンタップで数十のフィルムプリセットとカメラプロファイルを調整して適用できます。

カラーネガフィルム

パート1:カラーネガフィルムの歴史

ネガティブは写真の最も明るい部分であり、撮影された被写体の最も明るい領域が最も暗く見え、最も暗い領域が最も明るく見えます。 より良い露光ラチチュードのために、より大きなISO感度を提供します。 カラーネガフィルムは、デジタルスキャンして非写真的手段で印刷することができます。 あなたはコントラストと色がほとんど人生に忠実であることがわかります。 ユーザーの操作に関する制限がほとんどないため、アマチュアにはカラーネガフィルムを使用するのが一般的です。

Kodakcolorは、1942年から1963年の間に製造された最も有名なネガフィルム写真の1963つです。1974年から1972年の間に製造されたKodakcolor-Xネガフィルム。KodakcolorIIは1973年に最初にリリースされ、XNUMX年に更新されました。

フィルムカメラ

パート2:カラーネガフィルム効果を適用する方法

プロのアナログフィルムエフェクトおよびフィルムグレインフォトエディターであり、 WidsMob FilmPack 写真に異なる色のネガフィルムフィルターを適用して、 アナログフィルム 望んだ通りに。 4種類の演色プロファイル、28種類のカメラプロファイル、15のカラーモードオプション、25のフィルムゲインプロファイルがあります。 コダックと富士の両方のカメラプロファイル用の5色のネガフィルムフィルターが含まれています。


の特長 WidsMob FilmPack

  • 信頼性と自然な外観を回復するための複数のアナログフィルムプリセットとカメラプロファイル。
  • 高品質のデジタル写真を維持するために、JPEG、TIFF、およびほとんどのRAW形式の画像のアップロードをサポートします。
  • アナログフィルムフィルターをプレビューする前後モードで、インスタントプレビューで効果を調整します。
  • コントラスト、彩度、特殊な色調の演色デジタル写真。
WinバージョンのダウンロードMac版のダウンロード

写真にカラーネガフィルムを適用する方法

写真にカラーネガフィルムを適用する必要がある場合、プログラムではワンクリックで目的の効果を適用できます。 さらに、他のパラメータ、彩度、コントラスト、特殊な色調、フィルムグレインを調整して、カラーネガフィルム写真をデザインできます。

ステップ1:[開く]ボタンをクリックするか、写真をドラッグアンドドロップしてプログラムに写真をアップロードします。 このプログラムは、JPEG形式と複数のRAW形式をサポートしています。

Filmpackのスクリーンショット

ステップ2:「演色プロファイル」オプションから「カラーネガフィルム」を選択します。 見事な効果を持つ5つの異なるプリセットカラーネガフィルムフィルターがあります。 たとえば、夜明けのビーチの写真を撮るだけです。

ブリッジオリジナル

コダックポートラ160VC

ブリッジコダックポートラ160VC

コダックポートラ160NC

ブリッジコダックポートラ160NC

Fuji Superia Reala 100

ブリッジフジスペリアレアラ100

Fuji Superia X-tra 800

ブリッジフジスペリアX-tra800

Fuji Superia HG 1600

ブリッジフジスペリアHG1600

ステップ3:コントラスト、彩度、特殊なトーン、フィルムグレイン効果などのカラーモードを調整します。 その後、カラーネガフィルムの写真をコンピューターに保存できます。

WinバージョンのダウンロードMac版のダウンロード

パート3:手動でカラーネガフィルムを作成する方法

化学薬品を使用して、カラーネガフィルム効果を作成することもできます。 手動でカラーネガフィルムを現像することは難しくありません。 自宅で10分以内に数ステップでDIYできます。 カラーネガフィルムスキャンを作るのは楽しいです。 私の手順に従ってください。

カラーネガフィルム素材

1. Tetenal C-41プレスキット、bilx A、bilx B

2.フィルムタンクとフィルムリール

3.真っ暗な部屋またはフィルム交換バッグ

4.お湯、缶切り、じょうご、温度計、測定ブレーカー、スキージ

カラーネガフィルム現像プロセス

ステップ1:必要なすべての化学薬品をお湯で39℃近くまで加熱します。

ステップ2:ウォームアップ後、現像槽に余分な水を注ぎ、現像液を注ぎます。

ステップ3:左側の化学物質に対して上記のステップを繰り返します。

ステップ4:ネガを洗ってブリックスから抜け出します。

ステップ5:スタビライザーを追加し、約XNUMX秒間攪拌してから、ボトルに戻します。

ステップ6:カラーネガフィルムが乾くのを待つか、ティッシュを使って拭きます。

富士ハント

パート4:カラーネガフィルムの比較

カラーネガフィルムを適用するXNUMXつの方法の主な違いは何ですか? WidsMob FilmPackを使用してカラーネガフィルム効果を適用する場合、満足できない場合は、ワンクリックで効果を復元できます。 しかし、手動でカラーネガフィルムを作成する場合、単純な間違いがあると、すべてが破壊されます。

最良の結果を適用するには、カラーネガフィルム素材を数回試す必要があります。 元の写真を破壊することなく、いくつかのパラメータを調整するだけで済みます。

結論

カラーネガフィルム写真を撮りたい場合は、XNUMXつの主要な方法があります。カラーネガフィルムフィルターを適用するか、手動でカラーネガフィルム写真を作成します。 プログラムは、ワンクリックで元に戻すことができる最高の結果を提供します。 トピックに関連するものが他にある場合は、コメントでより多くの情報を共有できます。

WinバージョンのダウンロードMac版のダウンロード


ブログ